明るい部屋

注文住宅で愛知県に夢のマイホーム

きれいな部屋

30代の男性会社員です。現在、愛知県に注文住宅で夢のマイホーム購入を計画しています。
現在は愛知県の不動産屋で情報を収集したり、住宅展示場で様々なハウスメーカーの特徴を聞いたり、ローコストで建築可能な地元の工務店を訪れたりしながら情報を収集しています。注文住宅にすることで様々な面で自分達の思うような家造りが可能になります。この点に関してはマンションや建売住宅にはない大きなメリットになります。その一方で、希望の土地(価格、坪数、場所)が中々見つからなかったり、思うような家を手に入れることができずに後悔したり、ローコストのハウスメーカーで建築したものの結果的に大手ハウスメーカーと大差のない金額になってしまった話を聞いたりもします。
都心ではありませんが、建築を予定しているエリアの土地価格は非常に高い為、住宅に掛けることが可能な費用には限りがありますのでローコスト住宅で検討を進めていますが、単純に住宅の建築費用以外にも諸経費が数百万円単位で発生しますし、必要経費を外すことが見掛け上建築費用を安く見せるハウスメーカーもありますので、注文住宅でマイホームの購入を予定されている方はある程度勉強しておいた方が良いでしょう。

愛知県で注文住宅で建てた話

5年前に愛知県に注文住宅で家を建てました。建売住宅と違って、なんといっても一番のメリットは、「好きな土地に、自分たちの好きな間取りの家を建てられる」ことだと思います。ただ、いくら3Dでパソコン上で見せてもらってなんとなくイメージは出来ても、実際に建ったものを歩くのとは全く違います。
建ててから気づくことは多々ありました。「あれ?こんなに廊下狭かったっけ?」「あれ?こんなに玄関暗いんだ」「あれ?ここ風通し悪いなぁ」「あれ?この部屋湿気がこもりやすい」などなど。
建売住宅なら、こういったことのチェックは全て購入前にできるはずです。でも、自分たちで考えた家には、家族の気持ちが入っています。娘の部屋だから、鏡をつけた広めのクローゼットを。主人が仕事に集中できる書斎(3畳だけど)を。片付け下手なママだから、広めのパントリーを。思い出の家具を置きたいから、寸法ぴったりのスペースを。ゼロから始め、建つまで、住むまでどうなるか分からない注文住宅。それでも、もろもろの問題も、自分たちで一生懸命に考え抜いた家には愛着が湧きます。
子供が小さいうちには、床に傷がついたりするから賃貸で十分。と思っていた私ですが、主人の考えは違いました。「子供と一緒に暮らせる時間は意外に短い。それならマイホームでみんなで思い出を作りたい。」子供が0歳、5歳の時に建てたこの注文住宅。床はおもちゃを落としたりで傷だらけ。でも、大事な思い出のひとつです。

愛知県に注文住宅を建てたくて

子供たちが幼稚園に入ったとき、そろそろ賃貸住宅じゃ手狭になってしまい、愛知県で一軒家を検討し始めました。
学区で制限されると面倒だったので、小学校入学までに引越したかったのですが、出来るだけ通園している幼稚園から通う子が多い小学校が学区に含まれている範囲で検討していました。いくつかの建て売り住宅を見て回りましたが、どうしても納得のいかないところばかり。
立地はともかく、これから一生を過ごすであろう家だからこそ、内装や間取りで妥協したくなかったんです。キッチンの作りであったり、リビングの広さ、子供部屋の日当たりや、家事同線など…。建て売り住宅を見て回れば回るほど、見る目も厳しくなり、色々な個所で納得が出来ないところばかりです。建て売り住宅にこだわっていたわけではないけど、注文住宅という選択肢はこのときありませんでした。
ただ、どうしても細かいところで夫婦で意見が分かれてしまったときに、いよいよ「これは注文住宅しかないな」と行きついたのです。その後すぐに、注文住宅での建設を目的にハウスメーカーを周りました。メーカーの選定はすぐに決まり、そこから約1年で愛知県にマイホームが経ちました。
建て売り住宅を色々見て回ったからこそ、夫婦のこだわりが詰まった理想通りのものに仕上がりました。注文住宅の魅力は、なんといっても他にはない細部までこだわりの詰まった家に仕上がることだと思います。

RECOMMENDED POST